打ち合わせで、城陽市の郊外まで出かけてきました。
 緑色の虫が飛んでいったので、バッタかなと思いながら目をやると、カマキリでした。頭を持ち上げたところを、携帯でパチリ。
 帰宅してからネットで調べると、前脚に黄色のイボがあるという特徴から、「ハラビロカマキリ」のようです。

 子供に、「この虫何だか知ってる?」と尋ねると、「祇園祭のカマキリ山の屋根に乗ってる虫の本物のやつ」とのこと。うーーーん
 「本物のパンダ」はなかなか見られないし、「本物のクワガタ」も貴重には違いない。しかし、「本物のカマキリ」はどうなんだろうと違和感を禁じ得ない、かつての昆虫少年でありました。

川口法律事務所