御年81歳、日本を代表する名優、健さんこと高倉健の6年ぶりの主演映画
「あなたへ」 http://www.anatae.jp/ が公開された。

 9月8日(土)のNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」は、「高倉健スペシャル」。
 「あなたへ」の撮影風景や、健さんへのインタビューを織り交ぜながら、映画俳優としての半生を振り返る。
 健さんはもともと、食い扶持を得るため、仕方なく俳優の道を選んだのだという。だが、これまでの経験の中で、個人としての「生き方が芝居に出る」ことを教わってきたと語る。
 そして、番組の最後の「プロフェッショナルとは」という問いに、健さんが発した答えが「生業」(なりわい)。

 実話であれ虚構であれ、「演じる」ことによって他人の人生に向き合うからこそ、自分自身の「生き方」が問われるということだろうか。さて我が身は、それだけの覚悟を持って、他人の人生と向き合えているだろうか。
 この言葉に、思わず背筋が伸びた。

(以下は余談)
 なかなかメディアに登場しなかった健さんだが、ネット上でも、
撮影日誌 http://www.asahi.com/special/2012takakuraken/ やら、
インタビュー http://www.jiji.com/jc/v4?id=2012takakura-ken_int0001 やらが公表されていて、謎に包まれた大俳優の素顔の一端に触れることができる。便利な時代になったものである。

川口法律事務所